読ログあらため、もろもログ

これからは読んだ本を記録していこうと思う。そう備忘録的なやつです。あとそれだけじゃ勿体無いので他にもいろんなの書いてきます。

スポンサーサイト

Posted by マテリアル悠宇 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書類は読む人のことを考えて書くものである。「理科系の作文技術」

Posted by マテリアル悠宇 on   0  0

rikakei.jpg

意識しているようでも実際にはそうでないことの方が多い。
当たり前のようでなかなか実践できないことだ。
この本を読めば、明快かつ簡潔に文章を書く技術を学ぶことができる。

題名こそ'作文技術'となっているがとんでもない、かなり実践的な技法を紹介している。
そして日本の教育ではこの本に書かれているような
文章の書き方は教えないそうだ。もちろん自分も習った覚えはない。

ざっくりではあるが、全体としては
序盤の章で文章を書き始める前のアプローチから入り、全体の組立を覚える。
中盤以降は実際に文章を書くうえでの注意点や、こうした方が良いというポイントをまとめている。
そして後半では檀上のスピーチについても語られている。


”文章全体が論理的な順序にしたがって組み立てられなければならない。”
”論理の流れがはっきりしていること、一つの文と次の文との結びつき方が明瞭なこと。”
一つ一つの言葉が刺さる。

学生もそうだが仕事で書類を書く人には
是非お読みいただきたい一冊。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://0cha2n2yu1.blog.fc2.com/tb.php/6-58da2921
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。